子供が乗馬を習うとメリットがたくさんあります

子供が乗馬を習う注意点

落馬の危険性について

馬もやはり生き物ですので、落馬事故が起こることがあります。
やはり怪我が一番心配なのではないでしょうか。
スポーツには怪我がつきものですが、いくら気を付けていても不可抗力で事故が起こる可能性はあり、完全に阻止することは出来ません。
しかし練習馬場は砂を敷き詰めていますので、落馬してもあまり痛くないですし、ボディプロテクターやヘルメットを着用していれば、ほぼ怪我はしないようです。
馬は人を踏みつけることはありませんが、臆病なところがありますので、真後ろに立つと蹴り上げられることがありますし、大きな音でパニックになることもあります。
馬の気性によって攻撃的になる場合もありますので、インストラクターの指示に従うことが大切ですね。

時間と費用が必要

乗馬を始めるにあたって、まず乗馬クラブの入会金が必要です。
その他にもレッスン料と月会費がかかってきます。
自分の馬を持たなければ、馬につける馬具は購入する必要はありませんが、身につけるブーツ・ヘルメット・乗馬用手袋・乗馬ズボンは用意しなくてはなりません。
また、上達をするには練習を何年も積み重ねていくことになります。
成長と共に乗馬ズボンやブートなどを用意しなければなりませんので、通常の習い事より費用がかかりそうです。
また、乗馬クラブは広い敷地が必要ですので、交通の便がよいところにあるとは限りません。
そうなると送迎の時間もかかりますし、レッスンの時間も合わせるとかなりの時間を拘束されることになります。
近所のスポーツクラブに行くよりは時間もお金もかかるスポーツといえるでしょう。


この記事をシェアする